PC・インターネット

【リネットジャパン】パソコンを無料で安全に廃棄する方法を紹介

投稿日:

パソコンの買い替えをしたら、古いパソコンを処分する必要があります。

しかし、パソコンは普通の家庭ごみとして廃棄することはできません。そして、パソコンは個人情報がたくさん入った取り扱い注意の物でもあります。

ここでは、パソコンを安く安全に廃棄する方法についてお話しします。

 

パソコン廃棄の注意点

古いパソコンを廃棄するときの注意点について書きます。

資源有効利用促進法

パソコンは資源有効利用促進法という法律で、パソコンの自主回収とリサイクルが義務付けられています。

これは、自作のパソコンや、現在は存在していない海外メーカーのパソコンもリサイクルの対象となっていて、一般社団法人パソコン3R推進協会が回収を行っています。

パソコンを普通のゴミとして廃棄するのは法律違反の行為なんです。

パソコン内のデータ

パソコン内のデータは住所や交友関係、クレジットカード情報など個人情報の塊です。

パソコンを廃棄する時には、パソコン内のデータをしっかりと消去する必要があります。

ファイルを削除してもすべてのデータが消去されるわけではありません。

データを完全に消去するためには、

①HDD(SSD)内のデータ消去ソフトを使う

②HDD(SSD)を物理的に破壊する

のいずれかの方法をとる必要があります。

 

パソコン廃棄方法の紹介

パソコンの具体的な廃棄方法の紹介です。

PCメーカーへ回収依頼

購入したPCメーカーへ、回収依頼をする方法です。

2003年10月以降に製造されたパソコンにはPCリサイクルマークが張られていて、これらのパソコンはPCメーカーがリサイクルを行う義務があります。メーカーに送ると無料で廃棄してもらえます。(もちろん2003年10月以前のパソコンはできません。)

PCメーカーにパソコンを送る際の送料がかかります。

 

パソコン3R推進協会へ回収依頼

メーカーが既に存在していないパソコンは一般社団法人パソコン3R推進協会が回収を行っています。

送料はもちろん、廃棄も有料になりますので、あまりお勧めできる選択肢ではありません。

家電量販店へ持ち込み

ケーズデンキ、ヨドバシカメラなど、大型の家電量販店では、パソコンを引き取っている店舗があります。

例えば、ヨドバシカメラの場合、出張を依頼して処分することもできますが、ヨドバシカメラの場合、回収のみで依頼した場合は出張料2,160円+パソコン処分代の料金がかかります。

店舗によって条件が異なるので、事前に確認が必要です。

家電量販店でパソコンを購入する場合は、廃棄するパソコンを持ち込んで処分をお願いするのもいいかもしれません。

いずれの方法でもデータ消去は必須

以上で紹介いずれの方法でも、自分でパソコン内のデータ消去をすることは必須になります。

HDD(SSD)を壊すかデータ消去ソフトを使う必要があります。


ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版

例えば、こんな感じのソフトを使うと簡単かつ安全にデータ消去ができます。

 

リネットジャパンがおすすめ

パソコンを廃棄する場合に一番おすすめの方法は、パソコン廃棄の専門業者を利用することです。

最近は何社かパソコン廃棄業者がいますが、私が利用したのは「リネットジャパン」という業者です。


リネットジャパンは横浜市と提携していて、横浜市在住の人はパソコンの回収を無料で依頼することができます。

リネットジャパンと連携している市町村は全国にあります。

連携市町村以外の人でも、2019年6月30日までは無料で回収してもらえるキャンペーンがありますので、今だとお得です。

申し込みが簡単

回収の申し込みが、インターネット上で完結するので簡単に出来ます。

回収の日時の指定も申し込み時に行って、取りに来た運送会社に引き渡すだけで終了なので、運送会社の手配や送り状の作成などの手間もありません。

壊れていてもOK

パソコン無料廃棄を行っている業者の中には、パソコンの状態に条件がある場合があります。

部品が無かったり、モニターが破損していると回収の対象外だったりします。

リネットジャパンの場合はそのような条件が特にありませんので、安心して依頼をすることができます。

バラバラの部品に解体されていてパソコンの形にしていないものは通常の回収料金(1箱1,620円)となりますが、パソコンの形をしていれば回収の対象になります。

無料でデータ消去ソフトを利用可能

Windowsパソコンのみのサービスとなりますが、データ消去ソフトを無料で利用することができます。ソフトをインストールして起動させれば、5時間から10時間待てばデータ消去が完了します。

もしデータ消去が自分でできない場合は、3,240円でデータ消去を代行してもらえるオプションサービスもあります。

一緒に小型家電も回収してもらえる

TV、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、エアコン以外の400品目に及ぶ家電も、パソコンと一緒に送ることができます。

もし廃棄したい家電があったら、パソコンと一緒に送ってしまえるので簡単に廃棄出来て便利です。

事前に箱を送ってもらえる

オプションとして、48cm×49.5cm×30.5cmの箱を事前に送ってもらえるサービスがあります。

かなり大きな箱になりますのでで、小型家電を一緒に回収してもらう場合は箱を送付してもらうのも便利かもしれません。

国認定業者なので安心

リネットジャパンは環境省・経済産業省から認定を受けた「小型家電リサイクル法」の認定事業者なので、安心して依頼することができます。

小型家電リサイクル法 認定事業者  認定番号 第24号

認定番号 第24号古物商許可番号 542781302300 愛知県公安委員会許可

回収業者には、違法な怪しい業者も多くいます。

依頼する業者がきちんと信頼できる会社であるかどうかの確認は大切です。

 

リネット利用の際の注意点

リネットジャパンを利用する際の注意点についていくつか挙げておきます。

分解したパソコンは無料回収対象外

どのような状態のパソコンでも無料回収OKなのですが、バラバラに分解されたパソコンは対象外となっています。

無料回収してもらうには、パソコンの形をしているものである必要があります。

HDD(SSD)を取り外したパソコンは無料回収の対象になっていますので、データが心配な場合はこれだけを外して送ることは可能です。

箱の大きさは「3辺140cm以内」

1度に送れる箱の大きさは、縦、横、高さ合わせて140cm以内の大きさになります。

箱の大きさが超過しないように注意が必要です。

会社、事業所からの回収は不可

リネットジャパンに依頼できるのは個人や家庭のみで、会社や事業所からの回収はできません

会社や事業所がパソコンを廃棄する場合は、専門の業者に依頼をする必要があります。

 

 

まとめ

以上、パソコン廃棄のお話しでした。

私が利用したのはリネットジャパンでしたが、パソコンを廃棄する時にはこのような無料回収業者の利用がお得なので、機会があったら是非利用してみてくださいね。

 

-PC・インターネット

Copyright© 一人で稼ぐ人のためのパソコンサポーター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.