PC・インターネット

WindowsとMacの違いを改めて説明するよ!

更新日:

個人ビジネス用のパソコンの選び方については以前記事を書きましたが、

<以前の記事➡ネットビジネス・個人ビジネスで使うパソコンの選び方

パソコンを選ぶのに一番最初に考えること1つは、WindowsにするかMacにするかということになると思います。

ここでは、どちらを選べばいいのかということについて、あらためてお話しをしてみたいと思います。

 

Macの特徴を改めて説明

通常、会社や学校で使用されているパソコンはWindowsであることが多いと思いますので、Macの特徴を説明するのが一番手っ取り早いと思います。

まずはMacの特徴からお話をします。

 

小さくて軽い 見た目がかっこいい

Macのノートパソコン、MacBookは小さくて軽いのが特徴です。

持ち運びを考えるときに、大きさと重さは地味ですが結構大切な要素です。あまり大きいパソコンは持ち運ぶのがおっくうになってしまいます。 重量が2㎏を超えてくると、かなり荷物が重く感じてしまいますね。

一番よく使用されている15インチサイズのノートパソコンになると2㎏前後のものがほとんどです。

持ち運びを前提とするなら13インチサイズのノートパソコンを選ぶのが良いのですが、MacBookはその中でも軽さと性能を両立させていて素晴らしいと思います。

現在のMacBookの一番小さい商品は、重さが1㎏以下です。 そして見た目がかっこいい。 実際に触ってみると軽さと小ささに驚きます。 持ち運びやすいというのはMacBook(一番小さい製品)の最大の特徴だと思います。

iPhoneとの連携がやりやすい

MacBookは同じApple社の商品であり、同じAppleIDを使用して初期設定を行うことがほとんどですので、IphoneやIpadを使用されている人にとってはパソコンとモバイル端末との連携がしやすいメリットがあります。

デザイン関係の仕事の人はMacユーザーが多い

PhotoshopやIllustratorなどをバリバリ使いこなしてデザインの仕事をやっていきたい、ということであれば、Macを(そして、出来れば高スペックの物を)選んだ方がいい可能性があります。

デザイン関係の仕事をされている人はMacユーザーが多いですし、Photoshopなどのアドビ社のソフトはMacの方が使いやすいらしいです(デザインに詳しい人の話)。

Windowsでも十分に使えるのですが、ショートカットキーの使い勝手に結構差があるそうです。

フォントのきれいさとか、色の設定なんかもMacの方がいいそう。 ディスプレイが高画質ということも理由の一つかももしれません。 デザイン関係の仕事を極めたいということであれば、Macを選んだ方がいい可能性があります。

MacやIphoneアプリの開発にはMacが必要

MacやIphoneのアプリを開発するのであれば、Macを使用して行う必要があります。 アプリ開発のために必要なソフトがMac専用であるためです。

プログラミングを本格的に勉強したいなら、Macの方がおすすめです。(プログラマーはMacを使っている人が多いみたいです)

ウイルス・マルウェアなどに感染しづらい

MacはWindowsに比べてウイルスなどのマルウェア(有害なプログラム)によるトラブルが起こりづらいです。

Macユーザーがパソコンユーザー全体の1割しかいないことの利点ですね。(同じ労力でマルウェアを作るなら、シェア9割のWindows向けに作った方が効率がいい)

感染しないということではないので、セキュリティソフトをきちんと入れておくことは大切なことです。

 

Macのデメリット

良いところがあれば、もちろんそうでない点も。 というわけで、一応Macのデメリットについても書いてみます。

 

Windowsに比べて使用できるソフトが少ない

全世界で使用されているパソコンのおよそ9割はWindowsなので、どうしてもWindows向けに作られたソフトウェアの方が多いということになってしまいます。 自分が使用したいソフトウェアが決まっている場合、そればMacで使用できるかどうかを確かめておく必要があります。

 

価格が高い

MacBookは一番安いモデルでも15万円台から。 高性能にカスタマイズをするにしてもWindowsパソコンに比べてもかなりの高額になります。 同じスペック(性能)で比較した場合、MacよりもWindowsの方が安く手に入れることができます。

 

ケーブルが切れやすい

MacだけでなくIphoneでもそうなんですけど、Apple社の製品は一般的に使用されているUSBケーブルとは違う形状をしているので、Appleの純正品のケーブルを使う必要があります。(これも結構高い) そして、このケーブルが壊れやすいという特徴があります(笑)。 地味ですが、デメリットであることには違いが無いと思っています。

 

結論・WindowsとMacのどちらを選べばいい?

WondowsとMacの違いは以上に書いた通りです。 それ以外の基本的なインターネットの利用やワープロなどの使用には大きな違いはありません。 なので、それぞれの違いを理解した上で好きな方を買えば良いよ。 というのが結論なのかなーと思っています。 特に個人や小規模でのビジネスをする場合に必要な、

・SNS利用

・ブログ・ウェブサイトなどの運用

・メルマガ配信

・それらに伴う簡単な画像処理・動画処理

等のような目的でパソコンを利用されるのであれば、本当にどちらでも大丈夫だと思います。

特にそれらのサービスはインターネットのブラウザ上で利用されるサービスですので、OSの違いで大きく使い勝手が変わったりはしません。

自分の予算内で気に入ったものを買うのが一番いいと思います。

私は40,000円で買ったWindowsパソコンを2年間メインで使い続けていますが、何の問題もなく使用できています。

未だに使用当初と変わらず、電源を入れてから1分でパソコンが立ち上がります。

必要なスペック(性能)を満たしていれば、あとは予算に合わせた自分の好きなパソコンを買えばいいんです。

 

必要なスペックについてはこちらの記事を参照してください。

<以前の記事➡ネットビジネス・個人ビジネスで使うパソコンの選び方

 

見た目で選ぶのは有り!

パソコンやインターネットが苦手な人にとっては、まずは苦手意識の方に対処することが一番大切なことだったりします。

なので、パソコンを選ぶときには気に入った見た目のものを選ぶということも1つの考え方です。

パソコンを開いて電源を入れる時にワクワクした気持ちになれれば、苦手意識は時間とともに消えてしまうと思います。

なので、気に入った見た目、使っててテンションが上がるような見た目のものを選ぶ、ということも1つの立派な基準だと思っています。

 

Macのパソコンを選ぶことでパソコンが得意になったり稼げるようになったり(作業効率が目に見えて上がったり)ということはないと思いますが、アルミボディの見た目の美しさ、画面やフォントのきれいさは素直にすごいなと、生粋のWindowsユーザーである私でも思います。

パソコンが苦手な人ほど、「見た目にこだわる」というのも1つの方法だということですね。

 

まとめ

・WindowsとMacの違いをきちんと理解する

・必要なスペックなどの要件を満たしていれば、どちらを選んでもいい

・がっつり画像や動画編集をやりたいならMacの方がおすすめかも

・Adobe社のソフトを使ってデザイナーとしての仕事をしたいとか、プログラマーを目指すならMacがおすすめです。

 

 

-PC・インターネット

Copyright© 一人で稼ぐ人のためのパソコンサポーター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.