WordPress

WordPressとは? 特徴とメリット・デメリットを紹介!

投稿日:

世界の3分の1のサイトがWordPressで作られているそうです。

この記事を読んでるあなたも、WordPressを使いたい!とか、WordPressの何が良いの?

といった興味を持たれていることと思います。

この記事ではWordPressの特徴とメリットとデメリット

そして、どんな方におすすめなのか、ということについてお話しします 。

WordPressとは?

WordPressはCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。

CMSとは、超簡単説明するとブログを作るためのシステムのこと。

ブログを作るためのシステムとして誕生したWordPressですが、現在では一流企業のウェブサイトを作れるぐらいまで機能が発展しています。

通常のウェブサイトの作成方法だとHTMLやCSSなどの専門知識が必要です。専門知識が無くてもある程度ウェブサイトを作成できるソフトもありましたが、それほど手軽に活用できるものではありませんでした。そのため、作成も更新も綺麗なサイトにデザインをすることも難しく、また業者に外注する場合には多額の費用が必要でした。

しかし、 WordPressは専門知識がなくてもウェブサイトの作成や更新ができるというメリットがあるため、世界中に広まって活用されています。。

 

WordPressを活用するメリット

WordPressのメリットについてまとめてみます。

①手軽に自分のサイトを持てる

WordPressは、HTMLやCSSなどの専門知識がなくても、ブログを更新する感覚で簡単にページの作成や更新を行う事ができます

アメブロのなどでブログサービスを利用したことがある人であれば、更新作業は簡単にできます。

また、WordPressを使っている人は多いので、分からないことがあればGoogle検索などで調べれば大抵のことがわかります。

Googleなどでのインターネット検索が十分に活用できる人であれば、手軽に自分のサイトを作ることができます。

②「テーマ」の利用で綺麗なサイトが作れる

「テーマ」とはWordPressのデザインテンプレートのことです。

アメブロと同じように、テーマと呼ばれているデザインテンプレートを着せ替えていくことで、 プロの Web デザイナーが作るのと同じような綺麗なサイトを作ることができます。

「テーマ」には有料のものと無料のものがあり、たくさんの人が数え切れないほど多くのテーマを作って発表していますので、その中から好きなデザインのものを選ぶことができます。

③プラグインの活用で機能を追加できる

プラグインとは WordPressに様々な機能を追加するプログラムのことです。

スマートフォンにアプリをインストールするのと同じような感じで、WordPressにプラグインを導入することで必要な機能を追加することができます。

プラグインを利用すると、問い合わせフォームの作成やSNSとの連携、SEO対策など、通常のホームページでできることはほぼできるようになります。

④カスタマイズが自由自在

サイトのカスタマイズなど実現したいことがあった場合に、インターネットで検索をすればと豊富な情報が出てきます。
基本的な機能は専門知識が無くてもOKですが、HTMLやCSS、PHPに詳しい人であれば、どこまでもこだわってカスタマイズすることができます。

⑤管理や引き継ぎが楽

サイトの構築が簡単、更新も簡単ということは、管理や他の人に引き継ぎをするのも簡単にできるということです

複数人で運用するために、ユーザー権限を設けたログインアカウントを作ることが可能です。

また、ブラウザを開くことができれば作業可能ですので、外出先や出張先などでの更新なども簡単にできます。

担当者が変わった場合にも引き継ぎや、外注した場合場合にも他の外注先の業者にチェックしてもらうのも簡単です。

⑥ブログが消えてしまうリスクが下がる

WordPress サイトを立ち上げる場合には自分のサーバーにサイトを構築することになります。

例えばアメブロの場合、もしアメブロが運営を終了したらブログは消えてしまいます。

また、アメブロは利用規約があり、それを違反するとブログ削除されてしまう可能性があります。

このように、企業が運営しているブログサービスだと、長い時間をかけて書き続けたブログ記事がある日突然消えてしまう、ということもありえるわけですが、自分のサイトを構築するWordPressサイトの場合はそのような心配はありません。

 

WordPressのデメリット

メリットがたくさんあるWordPressですが、当然デメリットがあります。(メリットと裏から見た内容がデメリットとなっていることが多いです。)

続いて WordPress のデメリットについてお話しします。

①費用が掛かる

WordPress サイトを作る場合は、独自ドメインとレンタルサーバーの費用がかかります

私はエックスサーバーでサイトを作っているのですが、年間1万5千円くらいのランニングコストがかかります。

ビジネスのコストとしてはかなり安い経費だと思いますが、デメリットであることには違いが無いと思います。

②セキュリティー面など自分で管理することが必要

WordPress は利用者が多いことで、悪意のあるハッカー(クラッカー)の攻撃の対象になりやすいです。

アメブロ などの無料ブログは運営会社が その辺りの対策をしっかりとやってくれるのですが、 WordPressサイトの場合は、セキュリティ対策を自分でしっかりと行う必要があります。

サイトの設定やデータベースのバックアップを自分で行う必要がある(慣れていない人にはちょっとだけ難しい)こともデメリットといえるかもしれません。

③始めた当初はほとんど人が来ない

WordPressは初めのうちはアクセスがほとんどありません
アメブロでは、アメブロの利用者同士が 交流する仕組みがありますが、 WordPressにはGoogle 検索で見つけてもらうことでしかアクセスが集まりません
これは 長期的にはメリットになるのですが、 短期的にはデメリットになります。

WordPressでの集客を狙う場合には、短くても3か月、通常6か月以上の時間がかかることをあらかじめ認識しておく必要があります。

アクセスが少ない初めの数ヵ月を楽しんで更新できるかがとても重要になります。

④自分で調べる(検索する)力が必要

WordPress は利用者が多いので、インターネットで検索すると答えが見つかることが多いのですが、それは自分で調べる必要があるというデメリットでもあります。

情報が多いので、逆にどれを参考にすればよいのかがわかりづらい、というのもデメリットといえるかもしれません。

⑤表示速度がやや遅い

WordPressは仕組み上どうしてもサイトの表示速度が遅くなるというデメリットがあります。
表示速度を落とさないための工夫が必要になることがあります。

 

WordPress はこんな人におすすめ!

ある程度本気でビジネスをしたい、稼ぎたい
自分の専門分野がはっきりしている
という人は最初からWordPressでブログを始めるのがオススメです。

長く更新しつつ運営することで徐々に効果を発揮し始めますので、できるだけ早めに初めて継続するのが良いと思います。

逆に、自分の発信したいジャンルがはっきりしていない、いう人にはWordPressはあまり向いていません。

そのような人は、まずアメブロやFacebookなどを始めてみて、自分の活動内容や発信したい分野が固まってからWordPressブログを始めるのでも良いと思います。

自分のビジネス、自分の興味のある事柄で絶対にお金を稼ぐぞ、という決意があるなら、WordPressサイトを作るのはとても良い選択だと思います。

 

まとめ

・WordPressの特徴をよく知って活用するかどうか考えよう

・ブログを活用してお金を稼ぎたいならWordPress一択!

 

-WordPress

Copyright© 一人で稼ぐ人のためのパソコンサポーター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.